カードローンに通過する基本と注意点

カードローンでお金を借りる場合、必ず審査を受ける必要がありますが、なかには審査に通過できず借り入れを受けられない場合もあります。

大抵は緊急で借り入れたい場合が多いので、当てにしていた審査に落ちて焦るより、確実に審査に受かる基本を知っておく必要があります。

カードローンの審査では基本的な部分である、氏名・住所・勤務先などの基本情報を記入しますが、ここで記入もれや書き間違いをすると虚偽申請と見なされてしまう場合があります。

絶対にお金を借りたいと考え、複数の消費者金融や・銀行のカードローンに申し込みをされる方もいますが、一度に複数のカードローンに申し込みをすると帰って逆効果です。

カードローン会社は審査前に必ず「信用情報機関」へ問い合わせを行っています。過去返済が滞っていたり、他の消費者金融でいくら借りているかまで分かるので、返済能力が無いと判定されると審査で落とされます。

カードローンに限らず一般的なローン審査では、職種や収入・持ち家の有無・家族構成なもチェックされますが、給与が低いから審査に落とされるという事はあまりありません。

確かに年収が高い方が借り入れ枠は高くなりますが、アルバイトやパートの場合でも金額は少ないですが、借り入れを受ける事はできます。

今まで他のカードローン会社で借り入れを受けた経験があると、もう他では借りられないのでは?と感じる事もありますが、他社で借り入れをしていても借り入れが小額、もしくは返済が終わっているなら新たなカードローンの申し込みをしても、差し支えはありません。

ただし複数で借りすぎ「多重債務」状態になっているなら、新たに借り入れるのは難しく審査で落とされるので注意しましょう。

一番確実に借り入れを受けられる状態は、安定した給与がある正社員や公務員、勤続年数が1年以上である事、結婚して家庭がある、他に借り入れがない、他社で借り入れがあっても返済実績が高いようなら、審査を通過できる可能性が高くなるので、申し込み前にしっかりと確認すべきです。

無職の定義

結論から言いますと、ずばり、無職でも借り入れはできません。ですが、”お金を稼ぐことができる状態である”という事実さえあればそれは無職ではないのです。要するに借り入れをするためにはこの事実さえあれば可能となるのです。では”お金を稼ぐことが出来る状態”とはどのようなことを指すのでしょうか。

一つは、派遣会社への登録です。たとえ一度も出勤したことがなくても登録しているという事実さえあれば、それは無職ではありません。なぜならその人はお金を稼ぐことが出来る状態にあるからです。

次にオークションやフリーマーケットで収入を得ている状態です。これも社会的には決して職があるとは認知されにくいかもしれませんが、収入を得ている事実がある限り”無職”とは言えないのです。「当面の生活費に困っているが、自分は今仕事がないからキャッシングができない」と真剣に悩まれている方はもう一度ご自分の状況を見直してみてください。

審査する前に大切なこと

私は22歳の男性です。私には妻と子供がいて三人家族で暮らしています。そんなわたしも過去に色々なカードローンのカードを作った経験をしています。そして、ローンの審査に関しては今まで一度も落ちたことはありません。そんな私がやっぱりカードローンで審査をしてもらう前に一番大事だなと思う事をはなします。

一つ目はやっぱりちゃんとした会社に勤務していなくてもその同じ会社をどのくらいの年数続けて仕事をつづけているかが大事だと思います。なぜならローン会社の人もやっぱり勤続年数を必ずみると思います。やっぱりころころ会社を変えたり、転々としている人はローン会社の人も大金をかすにあたってこの人こんなにも早く仕事をころころと変えてるけど本当にお金を貸して毎月返してもらえるのかなーと思います。なのでいくらいい会社に入ったからといっても三ヶ月やそこらで辞めちゃう人に対しては当然審査も厳しくなってくると思います。いい会社普通の会社なんて所は対してアイフルなどローン会社の方もあまりみないのでどのくらい続けているのかというのがやっぱり一番のポイントだと思います。

そしてもう一つは誰しもケータイ代や車のローン色々と毎月返済しているのがあるとおもいます。実はその普段の返済も審査に関係があると思います。最近ではケータイ代とか若い人は払えなくて期日を平気で過ぎて後のばしにする人いますがそれがどれだけ今後に響くかしっていますか。一度でもローンのお金を期日どおりに返済しなければブラックリストにのります。そうなってくると当然ローン会社の人もそれを見ます。そうすると、ブラックリストに乗っているような人に大金は貸さないと私は思います。貸してもどうせまた、延滞したりでまともにかえさないだろうと、こうやってローン会社の人もみかたが変わってきます。なので普段の支払いも他のローンの審査を受けるときは全てがつながっているのでしっかりと支払い期日をまもり返済したほうが私はいいと思います。以上が私が審査を通過するためのコツだと思います。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査の基礎知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.